癒しのアロマ&音楽リラックス > 日記>読書 > 文字に心をゆさぶられる〜「白夜行」東野圭吾
2008年12月20日
小説の良さは、書いてないことは謎のまま物語が進むこと。

この作品では、犯人の視点から物語を描いている部分がありません。すべては事件を調べている側からの視点と周囲の人々の視点から、何が起こったのかを、読者に想像させるように書かれています。

映画化やTVドラマ化がされて、どちらも話題になりましたが、絶対に文字で読むことをお勧めする作品です。
時に自分自身の想像した犯人の姿に驚きながら、時には刑事側の調査結果に安堵しながら読み進めることで、読む人の心の中で世界が広がります。


白夜行 (集英社文庫)

ネタばれ 感想 評価

posted by shige at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。