癒しのアロマ&音楽リラックス > 日記>読書 > 定石を知っているからこそ面白い〜「密室の鍵貸します」東川篤哉
2011年11月16日
犯人が犯人でないようにと願ってしまう。

この作品を読みはじめたのは、同作者の原作を元にした「謎解きはディナーのあとで」のドラマを見たのがきっかけでした。

どちらかと言うと、ドラマのコメディーさと妙なキャラクターはミステリーファンとしては、納得いかない点があったものの、この作品を読んで、ミステリーとしての伏線の張り方、展開の切り回し方は、なかなかのものと思いました。
しかも、これがデビュー作で長編となると作者の非凡さは、認めるしかないと思えます。
ページのところどころで、ミステリーの定石をひにくるような文章も交えながらも、しっかり定石を踏んでいるように感じてしかたがありません。



密室の鍵貸します (光文社文庫)

ネタばれ 感想 評価

posted by shige at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。