癒しのアロマ&音楽リラックス > 日記>読書 > 勝とうと思わない〜「パラレルワールド・ラブストーリー」東野圭吾
2007年12月24日
勝ちが本当の”価値(かち)”なのか?
相手から勝ち取ったと思っていた物が、相手から与えられた物だったら。

東野さんの作品の中から、最もSF的に仕上がっている作品をピックアップしてと言われたら、私はこの作品を選びます。

自分の好きな人が、自分の彼女である「ストーリー」と、自分の好きな人が、友人の彼女という「パラレルワールドストーリー」が、作品の最後にひとつにつながり「ラブストーリー」に完成します。途中で二つの世界を交互に描きながら、少しずつ謎が解けたり、謎が深まったりするところは、さすが、ミステリー作家「東野圭吾」ですね。

作品冒頭と最後の、平行して走る電車から彼女が見える描写が心に残ります。



パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

ネタばれ 感想 評価

posted by shige at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。