癒しのアロマ&音楽リラックス > 音楽>クラシック > クラシックとポピュラー音楽の垣根
2006年11月02日
CM曲としてクラシックが使われると、いつしか、映画音楽やポピュラー音楽と同じ様に扱われるようになってゆく。
なんだか、嬉しいような、、でも、知られずにいて欲しかったような不思議な気持ちになります。
ひとまず、「いい曲は、みんなに知ってもらいたいな」と、開き直ったりして。ここ最近、注目されているサラ・ブライトマンは、そんな、クラシックとポピュラーの垣根に居る人ではないでしょうか?


輝けるディーヴァ‾ベスト・オブ・サラ・ブライトマン (Sarah Brightman DIVA The Singles Collection)

曲目:
1.ファントム・オブ・ジ・オペラ(オペラ座の怪人)
2.ミュージック・オブ・ザ・ナイト
3.ピエ・イエス(オリジナル・ヴァージョン)
4.リヴ・フォーエヴァー
5.テ・キエレス・ボルベール
6.ジャスト・ショウ・ミー・ハウ・トゥ・ラヴ・ユー
7.デリヴァー・ミー
8.ネッラ・ファンタジア
9.スカボロー・フェア
10.青い影
11.イッツ・ア・ビューティフル・デイ
12.ホワット・ユー・ネヴァー・ノウ
13.クエスチョン・オブ・オナー
14.タイム・トゥ・セイ・グッバイ
15.イル・ミオ・クオーレ・ヴァ(「タイタニック」〜マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン イタリア語ヴァージョン)
16.サラバンド

ネタばれ 感想 評価

posted by shige at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(2) | 音楽>クラシック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


近衛秀麿
Excerpt: 日本クラシックの黎明期のお話です。私の大好きな朝比奈隆もちょっと出てきました。日本のオーケストラを知る上で欠かせない人の本です。じっくりと読みます。・クラシックの嗜み・音楽 ネット配信、クラシック 音..
Weblog: 音楽の思い入れ
Tracked: 2007-08-25 06:39

バーンスタイン音楽を生きる
Excerpt: 著者:レナード・バーンスタイン/エンリーコ・カスティリオーネ出版社:青土社サイズ:単行本ページ数:196,発行年月:1999年02月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベース..
Weblog: 音楽の厳選紹介
Tracked: 2007-09-09 15:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。